現代の医療保険はネット加入が便利!

時代が変わり医療保険を契約しますと用紙の保険証書が配付されましたがネット生保では保険証書は配付されません。



NAVI
現代の医療保険はネット加入が便利!

現代の医療保険はインターネットを利用したネット生保があります

保険は社会保険と医療保険がありますがネット生保ですので後者の医療保険になります。
以前の保険証書は用紙を使っていて保険の外交員が住宅や会社を訪問して生命保険などの保険商品の説明があり、契約は自由でした。
契約すれば契約約款の冊子と保険証書を保管する事により保険が必要な時になれば保険証書を提示する事で保険金が支払われました。
保険証書を提示するのは病院の退院後など保険契約者の本人が多く、保険金を求める作業はスムースでした。
このようにして保険契約者は本人が多い事、また保険証書を受け取るのも本人でしたがインターネットの普及でネット生保と言う聞きなれない保険がインターネット上にあります。

保険ですので日常、良く知っている保険会社がインターネットを利用しています。
新規に契約する人にとっては外交員の説明を聞かないでも契約する事が出来るようになっています。
契約すれば保険証書は発行されません。また冊子の保険約款も貰えません。それらの物は保険会社のページ上で見るようになっていますので若い世代では文字は小さくても読むことが出来ますが高齢になりますと字が小さいために読みづらい事になります。
保険契約はインターネット上で契約すれば毎月の保険料の支払いは依然と変わりはありませんが銀行振り込みなどを利用する事になります。

保険契約はパソコンを操作できる本人が保険契約する事が多いですので万が一の時は配偶者がしないといけませんがインターネットのパソコン操作が出来なくては電話連絡では証券番号が判りませんので今まで以上に手続きが困難になることです。

インターネット上の契約になれば電話の問い合わせなども出来ず、また保険金の請求も同じ事です。

そのような事から保険証書が用紙であれば簡単な保険金の請求がインターネットになったために保険金の請求が出来ない事も考えられるという事です。

そうなれば保険金請求は出来ても実際に配偶者が保険金を受け取る時が後日という事になりトラブルの原因が考えられます。
Copyright (C)2014現代の医療保険はネット加入が便利!.All rights reserved.